箱根登山鉄道と登山ケーブルカーが接続する強羅駅前の風景

ソロキャンプ

箱根登山鉄道と登山ケーブルカーが接続する強羅駅前の風景です。
箱根登山鉄道の鉄道線とケーブルカーの鋼索線が接続する強羅駅は、山岳リゾート地にあるためスイスの登山鉄道駅にあるような木造でログハウス風の駅舎となっており、駅表札に匹敵するくらいの大きさでカフェ店の「サンモリッツ」の文字が掲げられています。
駅周辺には観光客用の飲食店などが軒を連ねており、駅舎の奥には山の斜面に向って傾斜したホームとなっているケーブルカーが停車しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました